錆びに強くて耐久性もあるステンレスはアングルの材料に最適

サイトマップ

耐食性や非磁性のステンレス製アングルは異物混入対策にも効果を発揮

木材とL字金具

製造メーカーにおいて、異物混入は重大な問題になります。特に食品や医療分野、電子デバイス分野においては致命的な問題になり、常に対策を行う必要があります。そして、ステンレスは異物混入対策に効果を発揮する金属材料であり、工場においてはアングル材もさまざまな場所で使用されています。
ステンレスのメリットは、耐食性に優れ錆びないという点であり、食品加工や医療製品の加工を行う現場では高い効果を発揮します。錆びないだけでなく、耐薬品性にも優れているため、ステンレス製の作業台が使用され、全て同一の金属材料を使用したものとなり、天板だけでなく足にはステンレス製のアングルが使用されます。また、ステンレスの中には磁力を帯びないものもあり、空気中のホコリや塵などが付着することを防止できます。クリーンルームで完全にリスクがないといっても、製品加工に使用している粉類が異物となって混入することも防ぐことができます。また、作業現場に設置するラックなどにもステンレス製のアングルが支柱やフレームとして使用され、ホコリや塵の付着対策に効果を発揮しています。そのほかにも、ステンレスは自身で酸化被膜を形成するため、錆び難いだけでなく、傷がついても乾燥させるだけで耐食性を損なうことがなく、錆対策のために防錆剤も不要です。

耐食性や加工性に優れたステンレス製のアングル材料

スチール鋼やアルミニウム合金、ステンレス鋼はフレーム材料として一般的なものです。スチール鋼は、安価で高強度、アルミニウムは軽量でありながら強度が高くて腐食に強く、ステンレスはスチール鋼と変わらない強度でありながら耐食性に優れるなど様々な特性があります。そんなステンレスですが、アングル材はアルミニウムに比べて加工性に優れてもいます。金属材料でフレーム構造を製作したり、接合するという際には溶接を用いることが多くなります。アルミニウムの溶接は難しいだけでなく、熱を加えることで部分的に強度が低下もします。
一方、スチール鋼は溶接も容易で高強度を維持できるものの、金属材料としては腐食に弱いため、水や湿気のある場所での長期使用は向かないだけでなく、塗装も必要になりメンテナンスも重要になります。一方、ステンレスはスチール鋼と同様に溶接ができ、耐食性に優れているため、水がある場所で使用するフレーム材料にも適しています。ステンレスは切断や溶接といった加工性に優れていることから、非常に使い勝手も良く、安価なステンレスは多くの工業製品に用いられています。特にステンレス製の作業台やラックなど食品加工の場所で使用するものも、低コストで製造でき耐久性の高さからコストパフォーマンスも優れています。

アングルは金属材料のステンレス製がおすすめです

金属材料というと様々な用途で多くの物に利用されています。大きな工業製品から私たちの生活に欠かせない日用品や医療機器、建築素材にまで金属材料は欠かせない素材です。中でも誰もが良く知る素材にステンレスが有ります。ステンレスは丈夫で傷がつきにくく腐食しにくい、加工がしやすいなどの特長からキッチンや浴室などの水回りなどでも多用されています。アングルとはL字型の部材の事で多くの用途が有ります。
例えば建築部材としてや設備工事、電気工事また補修部材などで欠かせない素材です。このようなステンレス製アングルを購入する際は信頼できるメーカーから購入しましょう。アングルは様々な用途で使用されるため多くの形、大きさなどが存在します。その為豊富な種類から選択できるメーカーならすぐに見つける事が出来るでしょう。
またオリジナルのアングルが必要な場合も製作してくれるメーカーも有ります。丁寧に要望を形にしてくれるメーカーが日本には沢山あります。日本の金属加工の技術は世界に誇れるものです。ステンレスに限らず様々な金属を加工できる技術や設備が有ります。どのような物がほしいか相談に乗ってくれるので諦めずに依頼してみましょう。

アウトドアにおすすめなステンレス製の金属食器

キャンプやアウトドアでは食事が何よりの楽しみという人も多いと思いますが、そんな食事を引き立ててくれるアウトドアグッズとしておすすめなのが金属材料のステンレスを使った食器です。アウトドアで使用する食器には、何よりも丈夫なことが求められますが、金属材料のステンレスの食器は非常に丈夫で、落下や持ち運びの際の衝撃にも非常に強いですから、破損の心配をすることなく安心してアウトドアで使用することができる…

ステンレスはサビに強い金属だがサビないわけではない

食器から大型機械まで日常で目にすることが多い金属材料がステンレスです。鉄にクロムを混合した合金であるステンレスの名称は「さびにくい鋼」という意味です。鉄でありながらサビに強いステンレスの性質がそのまま名称になっているわけですが、ステンレスとひとくちにいっても成分や耐熱性などでさまざまな種類があります。金属材料の規格は日本の国家規格によって定められていますが鋼材として流通するステンレスは規格に…

自動車部品用の金属材料にステンレスが使用されない理由

我々の生活に無くてはならない金属材料といえばステンレスが挙がります。厨房設備など生活の中にも広く浸透しているステンレスは丈夫で耐久性に優れサビにも強いとても使いやすい金属材料です。さらに値段も安価なことから世界で最も使われている金属材料のひとつとなっています。 メリットの多いステンレスですが意外なことに自動車にはほとんど使用されていません。同じ乗り物でも電車の車両にはステンレス…

ステンレスという金属は違う特徴をもった種類がたくさんある

金属材料でステンレスという言葉をよく耳にしますが、その種類は成分の違いなどによって数百種類にも及びます。クロムという元素を含んでおり、錆に強く熱にも強いため、キッチンや水回り、調理用品などに使われることが多いです。また、強度や耐食性があるステンレスは、土木や建築現場でも使われています。見えないところでは、携帯電話などの精密機器に使われていることが多くあります。これはステンレスが持つ、錆にくい…

TOP