錆びに強くて耐久性もあるステンレスはアングルの材料に最適

サイトマップ

ステンレスという金属は違う特徴をもった種類がたくさんある

金属材料でステンレスという言葉をよく耳にしますが、その種類は成分の違いなどによって数百種類にも及びます。クロムという元素を含んでおり、錆に強く熱にも強いため、キッチンや水回り、調理用品などに使われることが多いです。また、強度や耐食性があるステンレスは、土木や建築現場でも使われています。見えないところでは、携帯電話などの精密機器に使われていることが多くあります。これはステンレスが持つ、錆にくい、熱に強い、加工がしやすいという特徴からです。
ステンレスはあるひとつの特徴に特化しているものが作られており、用途によって細かく分かれています。ステンレスというと身近なところに使われている金属材料ですが、知らない特性があったり、種類が多くあることはあまり知られていません。金属材料ですが、磁石がつかないステンレスもあります。
成分や加工の仕方によって、同じステンレスでもまったく違う性質の金属になるのがステンレスの特徴ともいえます。一つ一つの特徴を把握し、上手に使い分けることによって、生活に便利な製品が誕生しているのです。自分でステンレスを使ったものを作りたいとお考えの方は、ステンレスの特徴を踏まえて適切なものを選びましょう。

アウトドアにおすすめなステンレス製の金属食器

キャンプやアウトドアでは食事が何よりの楽しみという人も多いと思いますが、そんな食事を引き立ててくれるアウトドアグッズとしておすすめなのが金属材料のステンレスを使った食器です。アウトドアで使用する食器には、何よりも丈夫なことが求められますが、金属材料のステンレスの食器は非常に丈夫で、落下や持ち運びの際の衝撃にも非常に強いですから、破損の心配をすることなく安心してアウトドアで使用することができる…

ステンレスはサビに強い金属だがサビないわけではない

食器から大型機械まで日常で目にすることが多い金属材料がステンレスです。鉄にクロムを混合した合金であるステンレスの名称は「さびにくい鋼」という意味です。鉄でありながらサビに強いステンレスの性質がそのまま名称になっているわけですが、ステンレスとひとくちにいっても成分や耐熱性などでさまざまな種類があります。金属材料の規格は日本の国家規格によって定められていますが鋼材として流通するステンレスは規格に…

自動車部品用の金属材料にステンレスが使用されない理由

我々の生活に無くてはならない金属材料といえばステンレスが挙がります。厨房設備など生活の中にも広く浸透しているステンレスは丈夫で耐久性に優れサビにも強いとても使いやすい金属材料です。さらに値段も安価なことから世界で最も使われている金属材料のひとつとなっています。 メリットの多いステンレスですが意外なことに自動車にはほとんど使用されていません。同じ乗り物でも電車の車両にはステンレス…

ステンレスという金属は違う特徴をもった種類がたくさんある

金属材料でステンレスという言葉をよく耳にしますが、その種類は成分の違いなどによって数百種類にも及びます。クロムという元素を含んでおり、錆に強く熱にも強いため、キッチンや水回り、調理用品などに使われることが多いです。また、強度や耐食性があるステンレスは、土木や建築現場でも使われています。見えないところでは、携帯電話などの精密機器に使われていることが多くあります。これはステンレスが持つ、錆にくい…

TOP